The Joomla! Community Magazine™

Joomlaユーザーからの質問で思うこと

Written by | Friday, 01 October 2010 00:00 | Published in 2010 October
オープンソースCMS Joomlaを使ってサイト構築を自分で行うとき、どうしてもわからないことにぶつかる。そんな時、ユーザーグループサイトでお尋ねをするとその問題が解決する場合がある。ただ、そのユーザーグループが活発に活動していないとその恩恵が受けられない。さらに、質問に答えられるJoomlaユーザーがいないとだめだ。困ったユーザーが質問するときも質問に答えられるための情報ももれなく提供しないと答えたくても答えられなくなる。質問する人たちにいくつかの傾向がある。

Joomla!じゃぱんのフォーラムでJoomlaユーザーからの質問に答えている。最初は、私自身が質問を投稿する立場であったが、現在は投稿された質問に答えられるまでJoomlaについて経験を積んだ。

5年ほど前は、Joomla!じゃぱんのフォーラムで質問を投稿しても閑古鳥が鳴いていた。最後にはJoomla!じゃぱんのフォーラムで質問を投稿することをあきらめてしまった。

これは何を意味しているのか?

その当時、Joomlaユーザー数が少なかったという事と進んで質問に答えるボランティアユーザーがいなかったという事である。

5年後の今、Joomla!じゃぱんのフォーラムは徐々にアクティブに成って来たように見える。登録ユーザー数(8000人以上)も増え、私と同じようにボランティアで質問に答えるJoomlaユーザーも増えてきている。

ただ、

困ったことは、投稿される質問に答えるための参考情報が投稿者によって記載されていないことだ。

現在は、フォーラムのトップページに下記のようなお知らせ(投稿時に必須の情報)を掲載している。

投稿時に必要な情報

URL(公開可能であれば):http://example.jp

今まで投稿された質問を観察してみるとこんな傾向がある。

1) 参考書を見てJoomlaをインストールしようとするがインストールできない。

レンタル サーバーの選択から間違えている場合が多い。安かろう悪かろう(サポートがない)のレンタルサーバーにインストールしようとして困り果てる。レンタルサー バーの選択を間違えるとインストール自体が簡単にいかない。専門的な設定を行う必要も出てくる。素人には無理。助けようと助言しても助言で解決できない。

2) 手で作るホームページの感覚でJoomla CMSをカスタマイズしようとして問題にぶつかる。

シ ステムで管理されているホームページをカスタマイズするには、システムの構造やメニュー操作などに熟知していないと思うようにコントロールやカスタマイズ が出来ない。同時にJoomlaで出来る事と出来ない事の認識がないため、無理なことを求めすぎる。Joomlaは手で作るホームページのように痒い所に 手が届くような柔軟性を一般ユーザーに提供していないし、システムを理解できない限り無理である。

紙芝居のホームページとシステムのホームページの違いが十分理解していないため無理な質問をしてくる。

3) 自分で下調べしない他力本願の質問が多い。

オープンソースCMSの意味を理解していない。自助努力である程度勉強していかないと使えないシステムであるという事実を十分認識できていない。そのため、調べればすぐ分かるような質問内容が多い。

Joomlaの参考書や参考サイトで公開されているJoomla情報ですぐに分かる質問を気楽に投稿する人が多い。

オープンソースのソフトの取り扱い方に慣れていない人は、この傾向が強い。私もその一人だった。自分で苦労しながら勉強しているうちに大体の問題は今では解決できるようになったが。

本質的にオープンソースCMS Joomlaを自分のものにしようと思うならば、自助努力無しでそれは達成できないといっても過信ではない。

多くの人にJoomla CMSを活用して頂きたいのだが、やはり、最低条件というものがあるのではないか。

自分でJoomla CMSを使ってサイト構築をしたい人は、勉強する十分な時間と協力者が必要だろう。Joomla CMSを運用してビジネスに活用したい人は、Joomlaの専門家の支援を受けるべきだろう。
Read 9410 times
Tagged under Japanese

Language Switcher

Current Articles

JCM international articles

Grab the Joomla! Community Banners! Spread the word!

Recommend us on Google+